2008年08月

「針穴写真展2008」始まりました

日本針穴写真協会「針穴写真展2008」が始まりました。
慈音は組写真で2点(計10枚)出展しております。
ご都合がよろしければ、ご来場ください。

8/27(水)~31(日) 10:00~20:00(最終日は16:00まで)
江東区文化センター展示室および展示ロビー
(地下鉄東西線東陽町駅1番出口より徒歩5分)
詳しくはこちら

ちなみに、29日(金)以外は会場にいるつもりです。ご来場いただける方は御一報ください。

日本針穴写真協会「針穴写真展2008」準備

8月27日から、江東区文化センターで、日本針穴写真協会の「針穴写真展2008」が開催されます。日本針穴写真協会の会員の作品を一堂に集めた、針穴写真の展示としては日本最大級!(ちなみに昨年は94名が出展、作品数約150点)
慈音も組写真部門で2組(6枚組と4枚組)を出展します。

すでに、先日、額装を終え、あとは搬入を待つのみ。
そうそう、今回は、もうひとつ、新しい挑戦があります。
「サイアノ写真」、青写真です。ある程度の年齢以上の方には「日光写真」としてご経験された方もいらっしゃるのでは。
針穴の原板を青一色でプリント。それをグループで組写真として展示します。

ご都合のつく方、是非ご来場ください。
ちなみに、30日(土)、31日(日)は、会場にいます。ご来場の際はお声掛けください。

ムーブ町屋写真展終了

おかげさまで、ムーブ町屋での展示は無事終了しました、はずです。
ご来場くださった方、ありがとうございました。行けなかったという方、次回お願いします。
さて、次は27日からの日本針穴写真協会の会員展だ。会場は江東区文化センターです。もし、ご都合がよろしければ、お出かけください。土日は終日いる予定です。

間抜けな失敗、でも実害なし

針穴に限らず、銀塩で撮影した場合、すぐに現像にできなかったり、あるいは現像に出せなかったりすることがある。
とくに、モノクロは何本か溜まらないと現像する気にならない。溜まれば溜まったで、現像するのが大変なのに、なかなか重い腰が上がらない。
カラーの場合、店に現像をお願いするのだが、仕事の関係で、行く時間が取れず、溜まってしまうことがある。それでもブローニーなら、撮影済みかどうかわからなくなることはないので、それほど困ったことにはならないのだが、4×5はそうはいかない。
4×5の場合、撮影したら、とりあえずその日のうちに、缶あるいはホルダーから取り出して、フィルムの種類ごとにそれぞれ別のフィルムの空箱に移しておく。そして、何シート入っているかメモを貼り付けておく。
できるだけそのようにはしているのだが、問題は貼り付けたそのメモ。現像に出して、あるいは現像が終わって、空になった箱にはってあるメモをはがし忘れて、貼ったままにしてしまうと、さあ大変。しばらくして、現像に出していないものだと勘違いしてしまうことがある。
というわけで、空箱をもってお店に行き、現像を頼んでしまいました。お店から電話があり、中身が入っていないんですけどといわれ、メモをはがし忘れていたということに初めて気づく。
まあ、実害はないんですけどね。
出す前に、中身を確認してから出せばすむことだし。
お店の人には迷惑をかけてしまいました。
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ