最近ピンホール写真ばかり撮っている。
ba4aef9c.jpg
4×5もあるのだが、LXをボディに用いたピンホールカメラによってカラーネガで撮っている。
現像・プリントのできあがった写真を多郎左衛門の同居人に見せたところ、まぶしいという。もちろん太陽などの光源が直接画面に写り込んでいるものはしかたがないが、そうでないものもまぶしく感じるのだそうだ。ピンホール写真の特徴として、輪郭がにじむのだが、光のあたっているものは特にその傾向が強い。そのせいだろうか。


374d391d.jpg

6b766221.jpg

dd504318.jpg