最近、カラー写真はデジタルでしか撮っていない。
現像が必要ないのはいいが、どうもモニターで見るだけでは物足りなく、プリントしたくなる。プリンターも用紙もよくなっているので、プリントしようと思えば、ある程度の大きさでプリントすることも問題ない。インデックスをプリントし、そのなかからセレクトした何枚かをポストカードサイズあるいは2Lサイズ、場合によってはB5あるいはA4にプリントする。
しかし、そうなると、どうしても、コストがかかる。インク代である。慈音が使っているプリンターはHP。厳密にどのくらいプリントできるのかはわからないが、HPのインクは単価が高い。安い詰め替え用もない(もっともカラーインクの詰め替えをしようとは思わないが)。
ついこの間、替えたような気がしたのだが、昨日、桜の写真をプリント中にインクが切れた。3色一体型のカラーインクの場合、一色でもなくなると交換しなければならない。いったん印刷を始めるとインクがなくなっても印刷は止まらない。インデックスだからといって、ぼーっとしているととんでもない色のプリントができ上がる。インクがもったいないということはないのだが、紙と時間の無駄ではある。
仕方がないので、諦めて、新しいインクカードリッジを買ってくる。高い。エ○ソンやキヤ○ンにしておけばよかったかなと思う瞬間。まあ、○ックスマークよりいいか。